この時期の勉強(立教大学文学部2年 堀 林太郎) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 12月 7日 この時期の勉強(立教大学文学部2年 堀 林太郎)

 こんにちは~。堀です。

増田がFA宣言残留してくれました。うれしい限り。でも来年は木村と岡田です。受難は続く。。。

 

さてさて、それはおいておいて「この時期の勉強」ですね。結論、僕は何もやっていなかったので特にコメントはありません。

それではまた。

 

 

 

 それではちょっと寂しいので、来年受験生になる新高3生の皆さんへ、今の時期が結構大事なんだよってことをつらつら書いていきたいと思います。

なぜ今の時期が大切なのか、それはこのあとやってくるイベントを考えてみればなんとなく予想がつくんじゃないでしょうか。

そう、共通テスト同日体験受験がもう間もなくなのです。大事な共通テストの1年前になります。

今までと打って変わって勉強に打ち込む部活の元先輩の姿をぼーっと見て、ああ来年はこうなるのかーーーなんて思ってませんか?

今、勉強に打ち込むことが大切なんです。なぜなら、周りの皆は共通テスト同日体験受験で大体「これはまずい・・・・・・」と勉強を始めるからです。

高3になってからではなく、同日体験受験から勉強を本腰いれてやり始める人は沢山います。裏を返せば、その前までは意外と皆まだ勉強に意識が向いていません。

では、そんなときにあなたが一人黙々と勉強を続けられたらどうでしょう?皆がハッと気がついたときには、だいぶ差をつけているはずです。

 

皆と一緒にスタートをしてデットヒートを繰り広げながら高3を迎えるか、一人先に勉強し始めて後続の人たちとの距離が開いた状態で高3を迎えるか、ずいぶんと違うはずです。

今日から何でもいいから始めてみましょう。目標は、1月の同日体験受験ですよ~。